収益物件を購入するときには新築に近い中古はおすすめ

収益物件を購入するときには築年数がどれくらいか、というのはチェックすると思いますが、実際問題どれくらいの年数のものが良いのかというのは難しいところです。
中古物件の方が安いため利回りが良くなるということは言えるものの、中古物件だと入居者が入ってくれるのか、というところが心配になるのではないでしょうか。

やはりあまりに古い物件ですと、新しい物件に比べて人気になりづらい傾向があります。
そのため、中古物件に関してはバランスをよく見極めた方が良いでしょう。

新築の物件は高いため、それがなかなか手を出せないというのであれば、新築に近い中古物件は狙い目です。
新築から数年経っているだけで価格が下がることがあるため、新築のときと比べると費用にも差が出ます。

しかし、築数年程度であれば見た目は新築のときとほとんど変わらないはずで、中古という雰囲気はほぼ感じられないはずです。
値段には差があるけれども、家それ自体はほとんど変わらないということであればこちらを選ぶと良いでしょう。

新しく綺麗な家の方が人気がありますから、そういった収益物件を探すのが1番良いものの、費用や利回りを考えると必ずしも良い選択とは言えない場合もあります。
お悩みの方は新築に近い中古物件を探すなど、選択肢を広げてみると良いでしょう。